スポンサーリンク



歴史ネタ編

さて、ラインハルトは、心置きなく貴族連合軍と戦うために、自由惑星同盟という「後顧の憂い」を断つ必要があった。 そこで彼が打った手が、帝国の捕虜となっていたリンチ少将を同盟に送り込んで、クーデターを使唆し、内部分裂させるというものであった。 ...

その他のキャラ

華麗なる誰弁家。巧言令色の徒。ネクタイをしめた衆愚政治。エゴイズムの怪物・・・と様々に評される政治家トリューニヒトだが、彼がある種の「特殊能力」をもつ人間であることだけは誰も否定できない。 たとえば、権力と利権のありかをかぎ分ける独特な嗅覚 ...



同盟キャラ編

ビュコックは、言うまでもなくヤン艦隊のメンバーではないが、その気質は紛れもなくヤンとその仲間たちと同一地平線上にある。 彼もまた「はみ出し軍人」であった。 「ビュコックの爺さん」は、ヤンが唯一尊敬していた同盟軍の上官だった。 「あの老人が生 ...

同盟キャラ編

いずれにせよ、全宇宙が専制政治による単一政体に統合されてしまうのを防ぎ、後世に民主共和制の種子を残す構想を実現する詰めの段階で、ヤンは非運な死を強制され、その遺志はユリアンたちに託された。 いったい、このような歴史的な業績を残したヤン・ウェ ...

同盟キャラ編

ヤン・ウェンリーは、ラインハルトとは、まったく異なる立場に立たされていた。 ラインハルトは大な戦略的構想を次々と具現化していくことで常に状況をつくる立場にあったが、対してヤンは、逆にその新しい状況に次々と対応を迫られる側だった。 ラインハル ...